枚方市 牧野の矯正歯科で評判|石原矯正歯科センター
HOME>Q&A

Q&A

先に虫歯を治してから相談に行ったほうがよいのでしょうか?
検査の結果、虫歯の治療をしないと矯正装置が付けられなかったり、現在痛みなどの症状がある場合には、矯正治療の前に虫歯の治療をしていただくことになります。
しかし、そのような問題がなければ、先に矯正治療を始めることもあります。
検査の結果、治療方針が決まらないと何とも言えません。まずはご相談をいただければと思います。
目立たずに矯正治療はできますか?
表側につけるプラスチックやセラミックのものは、目立たちにくいです。
裏側に付ける装置なら表からは全く見えません。目立ちにくい、見えない装置も各種あります。
詳しくは目立たない治療エステティック矯正舌側矯正マウスピース矯正など)をご覧ください。
矯正治療には、どんな装置がありますか?
お子様用から大人用まで、最新の装置をご用意しております。
歯を抜かなければ、治療ができないのでしょうか。
歯の状態等にもよりますが、患者様が絶対抜きたくないという場合は抜きません。
アゴを広げる装置により歯を抜かなくて済む場合もあります。ただ、アゴに比べ歯が大きく並べるスペースが無い場合は抜いた方が後戻りも少なく・お顔の輪郭・機能・歯並びにおいて良い治療結果が得られる事もあります。
期間と費用はどのくらいかかるの?
不正の程度や種類、治療の内容により異なりますが、一般的には6ヶ月から2~3年位かかる場合が多いようです。
かみ合わせの状態や年齢、治療時期にもよりますが、おおよそ30万?70万位かかります。治療費用の分割払いも可能ですので、ご相談ください。
治療時期は?
矯正治療適齢期は小学校時代から中学校時代です。
しかし、歯茎の進歩により大人から始めても十分に治ります。
出っ歯やでこぼこの歯並びは、大人の歯が生えそろう前の小学校3?4年の頃に。
受け口の人は、早めに!
年齢に制限は?
特に制限はありません。
大人でも矯正治療により十分直りますので、歯科矯正を受けられる方はたくさんいらっしゃいます。
矯正のために歯を抜くことは?
なるべく抜かない治療を心がけていますが、とくに凹凸がひどい場合には、抜くこともあります。
永久歯に代わる時期やあごの成長が旺盛な時期に治療を行えば、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。
むし歯や、歯周病の場合は?
矯正前の検査で、治療をすませてから矯正治療を行います。
装置の痛みは?
初めて装置をつけた時や、力を調整した場合に歯が浮いたような感覚が、ありますが、個人差もあり2?3日でおさまります。