枚方市 牧野の矯正歯科で評判|石原矯正歯科センター
HOME>目立たない装置

目立たない装置

目立たない治療
エステティック矯正

「ワイヤーも絶対に“白”が良い」という患者様におすすめ

 
舌側矯正

人に矯正していることを知られずに治療を進められる方法

 
マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着して徐々に歯を動かしていく装置

 
2010年5月に第6世代のデーモンクリアーセラミックス装置が、アメリカ矯正歯科学会で発表されました。
日本でも待望のデーモンクリアーセラミックスが、2010年9月の日本矯正歯科学会後、発売されています。
ワイヤーの結紮力の低減は、より効率的で容易な痛みの少ない治療を可能にします。
よって治療期間の短縮・アポイント回数の減少・患者様の快適性の向上により、健全な
歯周組織を損なわないより進化した審美的にも良好なシステムとして、ご提案出来ます。
世界での治療実績も急速に順調に伸びており、デーモンシステムで治療を受けた患者数は、全世界で2006年に100万人、 2008年には300万人を超えております。
当医院では、このデーモンクリア装置を使用し、より審美的で、出来るだけ患者様にやさしい快適な矯正歯科治療をめざしています。

エステティックワイヤー
エステティック矯正

エステティックワイヤーとは、トゥースカラーでフルコーティングされた矯正装置です。


歯に溶け込んだような自然な白でコーティングしてくれますので、ほぼ目立つことなく、より審美的に治療が可能となりました。

 
エステティック矯正のメリット
  • 目立たない
    従来のトゥースカラーより白さが増し、より審美的に美しく自然な色になったので、気付かれにくくなりました。
  • みんなが分からない程の審美性
    歯の色に溶け込んだような、自然な白でコーティングしてくれます。
  • 自然な色合い
    患者様にワイヤーを意識させない、美しく自然な白さです。
  • ワイヤーサイズがそのまま
    コーティング分の厚みを考慮する必要がありません。
「ほんとにブラケット付いているの?」
エステティック矯正

そう言われるほど、自然なブラケットです。
審美性にこだわる患者様の約80%がエスティック矯正を希望しています。

 
舌側矯正

舌側矯正(裏側矯正)とは、従来は歯の表側につける装置を、歯の裏側につけることで矯正装置が見えないようにし、人に矯正していることを知られずに治療を進められる歯列矯正方法です。


特に女性に人気の治療法で、その中でも人前に立つことの多いモデルの方や、接客関係の仕事をされている方が、裏側矯正を選ばれています。装置が見えないという特性を生かして、ウエディングに向けて開始される方もいらっしゃいます。

 
ALIAS(リンガルストレートワイヤーテクニック)

アリアス 誕生。
世界初 パッシブセルフライゲーション
スクエアスロット リンガルストレートワイヤーシステム
世界初のパッシブセルフライゲーション、スクエアスロットのブラケットに、リンガルストレートワイヤーシステムを融合させた「アリアス」は、舌側矯正の世界的リーダーである竹元 京人先生とジュゼッペ スクッゾ先生の永年の共同研究の集大成です。
「アリアス」は治療を単純化し、トルクとローテンションコントロールを向上させるため、遊びの少ないスクエアスロットとリンガルストレートワイヤ―のメカニズムを融合させたシステムとして開発されました。
「アリアス」は、矯正歯科医が期待する簡便性、効率性、快適性のすべてを兼ね備えています。
 

ALIASについて詳細はこちら

舌側矯正のメリット
  • 矯正装置が外から見えない
    舌側矯正(裏側矯正)の最大のメリットは何と言っても、裏側にあることで見えにくいという、審美性と言えます。表に装置がない分、厚みが出ることもなく、人に気づかれずに治療を行えるので、気兼ねなく開始できます。
  • 矯正装置に違和感が少ない
    舌側矯正の違和感を改善するために、大きさを従来の半分程度にしています。
    さらに矯正装置の構造が丸みを帯びているため、話しにくさや食べにくさが軽減されました。
  • 治療期間が短い
    矯正装置が小さいため、装置と装置の間の距離が広がりました。
    そのため、ワイヤーの弾性を効果的に利用でき、弱い矯正力で効率よく歯を移動できます。
  • 虫歯になりにくい
    実は、表側矯正よりも裏側矯正のほうが虫歯になりにくいという特徴があります。
    歯の裏側は絶えず唾液で湿っており、虫歯の原因となる細菌が作り出す酸を中性にするため、虫歯になりにくいのです。
  • ブラッシングしやすい
    矯正装置が薄くて丸みを帯びているため、従来の装置よりもブラッシングしやすくなりました。
舌側矯正を受けるにあたり

舌側矯正(裏側矯正)は、ここ数年で急速に認知されて、一般的な矯正治療法となってきました。しかし、装置や、方法などは医院によって異なるので、認定医のいる、医院を選ばれることをお勧めします

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、最近の10年間で登場した比較的新しい分野の矯正治療法です。最新の技術を用いて、コンピュータ上でシュミレーションしながらオーダーメードのマウスピースを製作します。
治療段階に合わせて交換していくことで、歯を移動させていく矯正方法です。極めて満足度の高い治療として注目を集めています。
当院では有名女優も、矯正治療に使用したクリアアライナー装置を使用しています。

 
インビザライン

インビザラインとは、透明なマウスピースを毎日20時間程度装着して徐々に歯を動かしていきます。透明なので近くで見てもまったくわかりません。
又、取り外しができるので便利で清掃性も高い治療方法です。

インビザラインについて知っておくべき5つのこととは?
マウスピース矯正

まっすぐに並んだきれいな歯で笑うことはどの社会でも好感度が高く評価されます。よい歯並びは社会的なアドバンテージを与えるだけでなく、歯や口腔の健康にもプラスの効果があることです。例えば、出っ歯、受け口、開咬、歯の叢生やすきっ歯などは虫歯や口臭、歯周病、あごの疲れ、歯の磨耗につながります。

ブラケットやワイヤーをつけて矯正治療することもできますが、ブラケットの不快感から歯にブラケットを付けることを避けて歯並びを治したいという方もいます。そのような方が検討する方法のひとつにインビザラインがあります。

 

インビザラインはワイヤーとブラケットを使用しないで歯並びの矯正をするマウスピース矯正のひとつですが、歯型にあわせて作った透明な板(アライナー)を自宅などクリニック外で自分で正しい順序で付け外して矯正していく方法です。現在、成人だけでなく歯が生え変わっている最中の子供にも適応できるようになっています(インビザライン・ティーン)。
 


インビザラインはあなたに適切な装置?

インビザラインは近年のCAD/CAMを応用してロボットが矯正装置を作る革新的な矯正技術です。インビザラインによってメタルブラケットやセラミックブラケットなど歯に装置をつけてワイヤーで治していく矯正以外の選択肢ができたのです。歯の動きを3Dシュミレーションして予測した歯並びに基づいて一連の透明な板(アライナー)をロボットが作るのです。

インビザラインがすべての人に可能になるわけではありません。前後左右に顎がずれていたり、重度の不正咬合ではワイヤーとブラケットを使用する必要があります。この診断を誤るとアライナーの枚数が増え、最後に追加注文しなければならないこともあります。つまりインビザラインは後戻りの再治療や歯根の移動が必要ないケースなど、軽度~中程度の不正咬合に限定的に適応となる矯正治療法です。

もし、あなたがインビザラインに適応でないと矯正歯科医に言われた場合、セラミックの装置や白いワイヤー、リンガルブラケット(裏側矯正)での治療があります。セラミックのブラケットを使用した矯正治療は人気が高く、装置自体の色が透明か乳白色をしているので目立ちません。
 

自分で装置を交換せねばならず面倒なこと
 
自分で取り外ししながら治していくインビザランでの治療はブラケットをつけて直す矯正治療と比べて非常に面倒な治療になります。食事のときや歯磨きのときには毎回アライナーを取り外してケースの中に紛失したり割れたりしないように保護しなければなりません。食事の後は歯磨きとともにアライナーも洗浄した後、自分で再度はめなければなりません。
矯正治療で歯がもっとも動きやすいのは、適切な力が24時間持続的にかかっている状態なのですが、インビザラインの場合、取り外している時間があるため断続的であるとともに、外している時間が長ければ長いほど歯が動くのが遅くなります。さらに、取り外した後アライナーをはめるときに正しくはまっていないリスクが常にあります。
 
 
虫歯のリスク
口腔内の衛生状態を適切に保つことはインビザライン治療の場合特に大切になります。食事をした後は必ずアライナーを洗い、歯磨きをしてプラークや食物の残りを取り除き、歯を清潔に保ってください。アライナーを使用するインビザラインのようなマウスピース矯正治療の場合、唾液がアライナーに遮られ歯や歯茎に循環しないので虫歯のリスクが高まるからです。忘れずに矯正歯科医のところにチェックアップに定期的に来院して治療の進み具合とともにクリーニングをしてもらいましょう。


一般歯科医院と矯正歯科専門医院
現在では多くの一般歯科医院がマウスピース矯正やインビザラインを行っています。もし、矯正歯科の専門技術があるほうがお好みなら矯正専門医院で見てもらうのが良いでしょう。矯正医は細かいディーテイルを調整してくれたり、治療中の予期せぬ事態にも対応してくれるでしょう。でも、一般歯科医院でインビザラインを受けると比較的安くやってくれるかもしれません。


アライナーができるまでの時間
インビザラインで治療するために、あなたの歯型と口腔・顔面写真、治療計画書をアメリカのインビザラインの会社に送らなければなりません。送られてきた資料をもとにコンピュータシュミレーションをして分析し、その分析結果を日本の矯正医のところへ了承を得るために再度もどすのです。矯正歯科医がもっとよいシュミレーションを提案したりしながらアメリカのインビザラインの会社とやり取りをして一連のアライナーが完成するのに通常6週間かかります。
 
近年のデジタルテクノロジーの発展でこれまで矯正歯科医が手で行っていた作業の多くの部分をロボットが行えるようになりました。特にインビザラインは最初に資料をとって診断するまでは通常の流れと一緒です。診断後は精密資料をアメリカのアラインテクノロジー社に送り、1ヶ月半程度で一連の装置が送られてきます。それらのアライナーを来院のたびに口腔内のチェックとともに2か月分程度お渡しして治療が進んでいきます。

このようにインビザライン導入で軽度~中程度の矯正治療の効率化が可能なため、当クリニックでは表側からの矯正料金よりも手の届きやすい料金で提供しております。
 
マウスピース矯正のメリット
  • 見た目が良い
    透明なマウスピースにより、ほとんど目立たず審美性を確保できる点、取り外せる便利さにあります。
  • 痛みが少ない
    歯列矯正を経験している方はわかると思いますが、ワイヤーは口の中を傷つけ痛みが出ます。
    マウスピースは通常痛くありません。
  • 食事がしやすい・取り外せる
    取り外しが可能です。ワイヤーと異なり食事のときは外すことが出来ます。
    ワイヤー矯正では、舌や頬を噛んだで食事が出来なかった方も多いことでしょう。
    マウスピース矯正では外せますので、その問題がありません。
  • 虫歯や歯周病になりにくい
    ワイヤー矯正はブラッシングが難しく、虫歯や歯周病になることがありました。
    マウスピース矯正は取り外して歯を磨くことが可能です。
    当然虫歯や歯周病を予防することが出来ます。(ただし、歯を磨かなければ虫歯になります。)
  • ホワイトニングも同時に治療可能
    マウスピースにホワイトニングジェルを流し込んで使用すれば、矯正しながらホームホワイトニングも同時にできてしまいます。
マウスピース矯正を受けるにあたり

マウスピース矯正は、メリットとデメリットがハッキリしている分、選ぶ患者様に委ねられる部分が大きい治療法です。目的をしっかり考えたうえで、条件があうのかどうか、医師に、しっかりと相談し判断されることをお勧めします。