枚方市 牧野の矯正歯科で評判|石原矯正歯科センター
HOME>ブログ

ブログ

ガムメタルワイヤーとは


2003年に、TOYOTA自動車の豊田中央研究所が、開発した「GUMMETAL」という合金金属を応用し、歯科矯正用に開発されたワイヤーです。
一般的には、メガネの一部フレームやゴルフの石川 遼選手使用のドライバー、テニスの伊達 君子選手使用のラケットフレーム一部にも応用されています。

金属が、通常塑性変形するときに起こる一般的な転位現象が伴わない超弾性的性質と、屈曲により加工硬化しない超可塑性を同時に、実現した特異なチタン合金です。


簡単に言えば、しなやかな金属なのに、十二分に強靭であり、従来できなかった屈曲が十分可能であり、しかも曲げても硬くならない為、矯正治療においては自在に歯を3次元的にコントロールしながら、マイルドかつ持続的な矯正力を生み出しえる新しい矯正ワイヤーとして開発され、201010月より発売されました。

このガムメタルワイヤーを使用することにより、従来よりも治療の早期から、常に最適な向きと大きさに矯正力を調節でき、また過度な力や疼痛を回避するのみならず、治療手順を単純化、効率的にし、歯の移動の最大効率化を図ることで、治療期間の大幅な短縮も不可能ではないと開発者の神奈川歯科大学成長発達歯科学講座・矯正科の長谷川 信博士は、述べられておられます。

当医院では、この新しいガムメタルワイヤーを使用し、またデーモンシステムと併用する症例など新しい取り組みにより、より歯の移動の最大効率化を図ることで、治療期間の短縮により、出来るだけ患者様にやさしい快適な矯正歯科治療をめざしています。

投稿者 枚方市矯正歯科センター | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
デーモンシステムとは
ワイヤーを、組み入れる装置が内臓されたセルフライゲーティングブラケットを用いる矯正方法であり、ローフォース、ローフリクション装置の中では、もっとも知名度が高く代表的なシステムです。
1996年にデーモンブラケットが発売され、改良版であるデーモン2ブラケットが発売さ
れた際アメリカで一大ブー ムをおこした矯正装置です。
2004年に半透明のデーモン3ブラケットが、2007年にはより改良されたデーモン3Mxメタルブラケットが、その後デーモンQメタルブラケット発売されました。
さらに、2010年5月に第6世代のデーモンクリアーセラミックス装置が、アメリカ矯正歯科学会で発表されました。
日本でも待望のデーモンクリアーセラミックスが、2010年9月の日本矯正歯科学会後、発売されています。
ワイヤーの結紮力の低減は、より効率的で容易な痛みの少ない治療を可能にします。
よって治療期間の短縮・アポイント回数の減少・患者様の快適性の向上により、健全な
歯周組織を損なわないより進化した審美的にも良好なシステムとして、ご提案出来ます。
世界での治療実績も急速に順調に伸びており、デーモンシステムで治療を受けた患者数は、全世界で2006年に100万人、 2008年には300万人を超えております。
当医院では、このデーモンクリア装置を使用し、より審美的で、出来るだけ患者様にやさしい快適な矯正歯科治療をめざしています。


投稿者 枚方市矯正歯科センター | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
矯正歯科とは
ワイヤーや取り外し式装置の作用などによる矯正力により、歯を正常な位置に移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復、その予防を目的とします。
不正咬合は齲蝕や歯周病、その他多くの疾患や顎機能障害の誘因となる場合が、あり審美目的だけでなく、これをより健康な口腔機能に改善し、生涯を通じてよりよく食べ、笑い、よりよく生きる健康維持増進をはかれる矯正歯科の役割は、大きいと言われております。日本では、保険が適用されないため、おおよそ20万から100万円位の治療費が、必要とされております。
しかし、アメリカ、ニュージーランド、イギリス、北欧などでは保険が適用されており、日本では成人の矯正治療も増えていますが、アメリカでは幼少期の間に矯正治療を行うのが普通とされております。


投稿者 枚方市矯正歯科センター | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ブログを始めます。
これからブログを始めていきます。みなさまにお役にたつような情報を掲載していきたいと思っておりますので、今後とも宜しくお願いします。
投稿者 枚方市矯正歯科センター | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)